忙しい人に最適な治療

顔に触れる女性

ボトックスはエラに困っている人にはぴったりの美容整形です。ダウンタイムもなく、長期間仕事を休めない人には手軽に受けられますが、エラ以外の悩みで小顔になりたい人にボトックスは最適ではない可能性があるので事前に担当医に伝えるのがおすすめです。

詳しく見る

顔を小さくするプチ整形

看護師

ボトックスの小顔を矯正を受ける時は、条件のいい美容外科を探してカウンセリングを受けるところから始めましょう。運がよければ当日にカウンセリングを受けてそのまま施術を受けて帰ることも可能です。ボトックスの小顔矯正は、そんな手軽さが人気です。

詳しく見る

整形で大顔を治療しよう

注射

ボトックス小顔の整形手術を受ける時は、美容外科の担当医のことから使用する製剤まで内容をしっかり調べておきましょう。その上でサイトで相場や評判を確認しておけば、安全性を確保しつつよりお得なサービスが受けられます。

詳しく見る

美容整形のポイント

顔に触れる女性

ボトックスの小顔矯正は、使用する患者のタイプによっては適さない場合もあります。カウンセリングによってそれは見分けられるので、必ずチェックしてもらいましょう。あとは製剤の質も重要なので、こちらもよく確認しておくべきです。

詳しく見る

今大人気のプチ整形

男性医師

守っておきたい約束事

いくらプロポーションが良くても、顔のエラが張っていれば、そこに集まる他人の視線が気になるかもしれません。そんなコンプレックスをお持ちの方々に朗報なのがボトックス注射で、手軽な小顔整形治療として大人気になっているのです。沢山の方がエラに関するコンプレックスを解消しているため、着目しておく価値があります。この小顔治療の魅力は注射だけで終わりますので、顔を切る必要がなく、体への負担が非常に軽いことです。また、エラの張り出し具合いは人によって違いますが、事前の診察でその人に合った施術を提案してくれるので安心です。もちろん理想の輪郭がある場合でも、カウンセリング中に話しておけば、それも加えて仕上がりデザインを考えてくれます。そして、ボトックス注射を受ける時に覚えておきたいのが、注入薬にはアラガン社のボトックスビスタを選ぶことです。これは国内でただ一つ、製造販売を厚生労働省から承認された製薬剤となっており、日本人に使用した際の安全性と有用性が認められています。小顔の継続時間も格安品より長いため、1度治療を受ければ半年前後は持ち、硬い食べ物を避けるなど、上手に過ごせば1年ほど継続するとも言われているのです。さらに、概ね5回ほど定期的に注射を繰り返しますと、プチ整形でありながら半永久的に小顔効果が続くのもメリットになっています。スッキリした小顔を目指せるボトックス注射にもマナーやルールはあるため、できれば配慮しておきたいところです。例えば治療前のカウンセリングに関してですが、未成年の方がボトックス注射を受ける時は、保護者の同伴を求められるケースが少なくありません。同伴が不要な美容整形クリニックでも、施術の申し込みには保護者の同意書が必要になりますから、そのルールを守らなければ治療が受けられないのです。また、基本的に成人の方でも誰かと一緒にカウンセリングを受けることはできますが、同伴の方がサングラスなどを掛けている場合は、できるだけ外しておくのがマナーです。威圧的な雰囲気をかもし出していればドクターとて緊張しますので、より良い小顔治療のためにも、和やかな雰囲気でカウンセリングを受けましょう。一方、美容整形外科では完全予約制になっている場合も多いため、カウンセリングや施術を希望する時は、事前に予約を入れておきます。当日は遅刻をしないようにするほか、早すぎてもマナーに反しますので、クリニックが推奨するタイミングで到着するようにしましょう。特にプライバシーを重視するクリニックでは、院内でほかの患者と顔を合わさないように調整されている場合がありますから、意外に大切な約束事です。